借金が減らない  「はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢっと手を見る」は石川啄木の『一握の砂』ですが、社長がこれではいけませんし、従業員が離れていきます。  借金が減らない期間が長くなればなるほど、会社の“体力”・・・